ライフスタイル

【休日の暇つぶし】節約しつつ楽しい時間を過ごす方法を解説

動画を観て楽しい時間を過ごす
いぬ
いぬ
休日何もやることがなくて困っていませんか?しかもなるべくお金は使いたくない。そう、節約しつつ時間を有効活用したい人向けに、楽しい休日の過ごし方を解説します。

【ネタバレ】月額定額のhulu(フールー)を使えば、スマホ、PC、タブレットなど、様々な環境でドラマや映画を観ることが可能です。

本記事では、以下の内容を解説します。

本記事の内容

・時間はある→だけどお金は使いたくない。

・暇つぶしをしたい→無駄な時間を過ごしたくない。

・刺激が欲しい→気軽に楽しい時間を過ごしたい。

【結論】定額の動画配信サービスを使うと解決します。

この3つが暇つぶしには重要です。

こんな人に読んで欲しい

  1. 休日を楽しく過ごしたいけどお金は使いたくない人。
  2. 単なる「暇つぶし」ではなく「時間を有効活用」したい人。

この記事を書いている人

もともと出かけるのが得意ではなく、強い目的がないと外出できない程引きこもりです。

土日祝日など、大義名分のあるお休みを過ごすことが非常に苦手な為、何とかして効果的な時間の使い方ができないか読書やブログやプログラミングなど頑張っています。

ただ、ずっと意識高く勉強を続けることも難しいので、時々はリラックスした楽しい息抜きの時間が必要だと思っています。

僕と同じ様に家から出られない、かつ楽しく効果的な時間の使い方を探している人は参考にしてみてください。

暇だけど節約したい…楽しい休日の過ごし方

休憩

将来に向けて勉強をするべきです。

しかし、人間誰しも毎日意識を高く保ちつつ勉強を続けることは困難です。

時々は息抜きが必要になります。そんな時、楽しくて効果的な時間の使い方はないのかいろいろ試してきましたが、読書や映画(ドラマ)がおすすめです。

理由は、簡単に刺激的な他人の人生や物語を疑似体験できるからです。

読書は文字を目で追い、考えながら読み進める為、息抜きと言えど若干脳が疲れます。映画やドラマは、受動的に観て楽しむことができます。

演出や音楽、フィクション(架空のお話)なので、非日常的で刺激的でもあります。

また感動することで心が動き、一時的ではありますが脳の思考が加速して気分転換にもなります。

ドラマや映画を観るだけで人生が変わる訳ではありませんが、良い物語を観た後には、なんとも言えない興奮が味わえたりします。

休日を楽しくお金をほぼ使わずに過ごすのであれば、僕の個人的な結論は動画定額サービスです。(様々な意見があるので異論は認めます。)

月額¥933で動画を楽しむ



月額定額¥933(税込み¥1,007)で、ドラマ、アニメが見放題です。

既にご存知の方は多いと思います。そう、動画配信サービスのhulu(フールー)です。

いぬ
いぬ
なんだよ、今更huluなんて、ここまで読んで損したぜ…。

そんなことないんですよ。確かにメリット・デメリットは存在しますが、相対的に見て断然お得なんです。

既に使ったことがある方は、huluの良い分、イマイチな部分も含めご存知だと思います。人に寄っては「観たい作品がなかった」ということもあるかもしれません。

huluはどちらかと言うと、映画よりドラマやアニメ寄りの動画配信サービスです。

↑こちらに詳しいhuluの口コミがまとめられているので参考にしてください。

映画を観たいと思った時に映画館に行く、もしくはDVD(Blu-ray)を借りてくるという方法があるかと思います。

映画では一作品¥900〜1,800くらい予算が必要です。

DVD(Blu-ray)レンタルの場合も一回/一作品のレンタルで¥100〜330費用が発生します。

月額定額の動画配信サービスであれば、月額¥1,000程度で様々な作品が見放題です。

コスパという面では非常に優秀ですね。

詳しい内容が知りたい方はこちらを参考にしてください。

hulu公式サイト

もしhuluの名前だけ知っていて、まだ試したことが無い方はお得なキャンペーン中なので無料でhuluを試してみてください。

2週間無料でお試しが可能

2週間無料

2週間以内であれば退会手続きを行えば完全無料です。

※「観たい作品があるか分からないのに登録できないよ!」という方は、登録前に虫眼鏡マークから検索して、観たい作品があるか無いか確認できますので事前にご確認ください。

もし定額の動画サービスに申し込むのが初めてという場合でも超安心です。

月額定額なので¥933(税込み¥1,007)以上請求が来ることはありません。

これを使わない手はありません。

例えば、「今週の土日だけ使いたい。それ以降は必要ない。」という場合でもOKです。

また、「今だけ子供に何か見せたい」という場合にもお試し期間が終了しても月額¥933なので安心です。

まず2週間無料期間を試してみて、その後使い続けるのか考えればOKです。

僕としては、今まで急に映画やドラマを観たい欲求が発生した際にはレンタル派でした。しかし、レンタルって返し忘れたり、いちいち借りた場所まで返却に行かなくてはならないなど、忙しい人にとってはデメリットの方が大きかったりします。

月額定額であればそんな面倒くさい手間も省いてくれます。

¥933で観放題、手間が省けるという点は、大きなメリットです。

迷っている方は一度お試ししてみてください。

huluのイマイチなところ

残念なところ

huluも完璧ではありません。

実際に半年くらい使っている僕の個人的に残念・イマイチな部分を挙げておきます。

  1. 吹き替え(日本語)が少ないところ。
  2. インターネットの通信状態によっては、動画再生が途中で止まるところ。
  3. 映画よりドラマの方が多い?気がする。映画を観たい人にとってはちょっと残念なところ。
  4. 一度「2週間のお試し」を試すと、その後は二度と試せなくなる。(その際本登録になる。)

僕は吹き替え派です。

「元々の言語の方が臨場感があって良い!」という意見も分からないことはないのですが、「あの人が吹き替えてるんだ!」とか、「やっぱこの役はこの声優さんだよね。」という声優さんが好きな場合には吹き替えの方が好きだという意見もあります。

僕はプリズンブレイクのマイケルの声でおなじみの東地宏樹さんが大好きなので、プリズンブレイクは東地宏樹の声で観たいです。(個人的な感想ですみません。東地さんは男から見ても超魅力的なボイスです。たまらん。)

huluだと、吹き替えが少なく感じたので吹き替え派の人は要注意です。

また、外で動画を楽しむ場合、電波やインターネット環境に寄っては、クライマックスで動画が止まることもしばしば。便利の反対で、どこでも見られるが故の弱点です。

緊迫したシーンで犯人が現れた瞬間動画が止まって、一瞬「あれ?演出なのかな?」と思うようなことも時々起こり得ます。(ちょっと待てばいいんですけどね。)

お話のリズム、テンポも重要なので割り切れる心の広い人にはhuluはおすすめです。

もし退会したくなった場合にも簡単に退会することができます。

注意点としては、「一度お試し期間を体験すると、次回からお試しのチャンスはなく月額を支払っての契約になる。」その為、2週間のお試し期間は徹底的に自分に合っているのかいろいろ試した方がお得です。

動画を再生する環境はどうか?

観たい作品はそろっているのか?

など、しっかりと吟味した上で月額を支払うようにしましょう。損をしない為にも確認はしっかり行うべきです。

手軽さ・コスパを考えると月額¥933はお得

コスパが良い

映画なら一作品分、レンタルなら10作品分お得です。

しかも、移動費やその他無駄な時間を省けます。

上で紹介したように確かにデメリットも存在しますが、それを差し引いても手軽に映像作品を楽しめてコスパも良いとなると非常に良いサービスです。

「特にやることは無いんだけど、何か良い暇つぶしないかな?」

「毎日努力することにちょっと疲れちゃったな。息抜きしたいなー。」

そんな時僕は、映画やドラマを見て気分転換しています。

自宅に居ながら、特にお金も使わず楽しい時間を過ごすことができるので超おすすめです。

まとめ

記事のポイントをまとめます。

動画を見て気分転換

・時間はある→だけどお金は使いたくない。

・暇つぶしをしたい→無駄な時間を過ごしたくない。

・刺激が欲しい→気軽に楽しい時間を過ごしたい。

【結論】定額の動画配信サービスを使うと解決します。今なら2週間無料でお試しも可能です。

様々な動画配信サービスが存在していますが、月額定額で5万本以上の動画が見放題なのは超お得です。

無料お試し期間中(申し込みから2週間以内)にたくさん試してお気に入りの作品を見つけて、素敵な時間を過ごしてください。

読書や映画を観ることでも、ボキャブラリー(語彙力=お喋りの力)を鍛えることができ、その経験が活きることもよくあることです。

自分では体験できなかった、ぶっ飛んだ物語を観て、楽しくて有意義な時間を過ごしてみてください。



いぬ
いぬ
ここまで読んでくれて、どうもありがとう!